« 猫のいる生活 | Main | 「空の温度」の歴史 aethrioscope »

2005.06.08

"Theory Of Heat" James Clerk Maxwell

"Theory Of Heat"  James Clerk Maxwell

かのマックスウェルが1888年に書いた本。(初版は1871年)
それが、2001年に復刻されたおかげで、2000円以下で買うことができました。
熱の話がシロウト向きにわかりやすか書かれていて、ぼくには大変有難い。
もちろん放射熱のことも。

まず、熱素(Caloric)説を否定しておいて、続いて "heat"という言葉を丁寧に説明してくれます。

 熱(heat)という言葉は、素人っぽい感じで、科学的ではないようだけれども、これで十分にあいまいさなく〈測定しうる量〉を、表わすことができる。 なぜならば、「熱」と量を表わす言葉とをあわせて使えば「どれだけの量の熱」のことを言っているのかがわかるからである。
 私たちは、熱という言葉には、「熱いもの」という抽象的な意味は持たせない。もし「新しいミルクの〈熱〉」と言いたい時には、〈より科学的な言葉〉である「温度」を使って、「新しいミルクの温度」と言うべきである。

などと書いてあります。

Calorimeter(熱量計)という名前は、Caloric(熱素)から来ているにしても、もう使い慣れているし、Thermometer(温度計)と紛わしいこともないので、そのまま使っている。

など、ひとことづつトリビア的な話が面白い。

読みはじめばかりで、全体のことはまるでわかりませんが、期待しながら読んでいます。熱の「伝導、対流、放射」の話を少し読んだだけでも、何ともいえずぼくの好みです。「対流でも最終的な熱の移動は伝導による」とかね。

ざっと調べたところでは、日本語訳はでていないようです。でればいいと思うんだけどなぁ。

昔は教科書として使われていたこともあったそうです。

《J. Clerk Maxwell, Theory of Heat, London, 1880.
マクスウェル( 1831~79 )は電磁気学を大成したイギリスの物理学者。 この熱学書の初版は1871年刊で、当時最新の気体分子運動理論を紹介している。 展示書には「第十四号」という複本番号が墨書されているので、すでに明治13年ごろ、成立したばかりの東京大学理学部で教科書として用いられていたことが わかる。》だそうです(初版は1871年刊とのこと)
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/josetsu/2005_02/kaisetsu03.html

そうそう、どうやってこの本に出会ったか、というと、Googleのテスト中のサービス「Google Print」 で、"tyndall radiation heat"か何かで検索していたら、この本が見つかったからです。Google Printは「本の中身」まで検索して、見つかったページとその前後を「立ち読み」することもできるのです。

以下に目次を書いておきます。途中で、大量にあることかわかったので、Chapter 5からは、Chapter名だけ。
--------------------
CONTENTS

Chapter 1    Introduction

Meaning of the word Temperature    1
The Mercurial Thermometer    5
Heat as a Quantity    6
Diffusion of Heat by COnduction and Radiation    10
The three Physical States of Bodies    16

Chapter 2    Thermometry, or The Registration of Temperature

Definition of Higher and Lower Temperature    32
Temperatures of Reference    34
Different Thermometric Scales    34
Construction of a Thermometer    37
The Air Thermometer    46
Other Methods of Ascertaining Temperatures    51

Chapter 3    Calorimetry, or the Measurement of Heat

Selection of a Unit of Heat    54
All Heat is of the same Kind    56
Ice Calorimeters    58
Bunsen's Calorimeter    61
Method of Mixture    63
Definitions of Thermal Capacity and Specific Heat    65
Latent Heat of Steam    69

Chapter 4 Elementary Dynamical Principles

Measurement of Quantities    74
The Units of Length, Mass, and Time, and their Derived Units    76
Measurement of Force    83
Word and Energy    87
Principle of the Conservation of Energy    92

以降はChapter名だけ。

Chapter 5    Measurement of Internal Forces and Their Effects
Chapter 6    Lines of Equal Temperature on the Indicator Diagram
Chapter 7    Adiabatic Lines
Chapter 8    Heat Engines
Chapter 9    Relations Between the Physical Properties
Chapter 10    Latent Heat
Chapter 11    Thermodynamics of Gases
Chapter 12    On the Intrinsic Energy of a System of Bodies
Chapter 13    On Free Expansion
Chapter 14    Determination of Heights by the Barometer
Chapter 15    On the Propagation of Waves of Longitudinal Disturbance
Chapter 16    On Radiation
Chapter 17    On Convection Currents
Chapter 18    On the Diffusion of Heat by Conduction
Chapter 19    On the Diffusion of Fluids
Chapter 20    On Capillarity
Chapter 21    On Elasticity and Viscosity
Chapter 22    Molecular Theory of the Constitution of Bodies

June 8, 2005 at 03:23 PM in 書籍・雑誌, 科学 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/4468018

Listed below are links to weblogs that reference "Theory Of Heat" James Clerk Maxwell:

» Order xanax online. from Order xanax online.
Order xanax bars without prescription online. Order xanax online. Pharmacy order generic xanax. Order xanax online view topic welcome to phpbb. Order xanax overnight. Read More

Tracked on Apr 14, 2007 12:15:33 PM

Comments

Post a comment