« クリスマスソングを分析する | Main | 大道仮説実験ワークショップ in 福井2005 »

2005.12.26

下仁田ネギ三昧

浅草の「ねぎま鍋」の話題がきっかけで下仁田ネギをたくさんいただきました。(感謝!>271828さん)

群馬の人にとっても、ふだんは口に入らない「高級品」。ブラジルの人がブルーマウンテンをめったに飲まないのと同じか。福井の人も「越前ガニ」はめったに食べられないと言っていたし。

そんなうれしい「下仁田ネギ」、まずは「鍋」。

・鶏の骨付きモモ肉
・鶏つくね(軟骨入り)
・しめじ
・しいたけ
・えのきだけ

などを、昆布を敷いた土鍋で煮て、ポン酢でいただきました。他の野菜は高いし、この際「ネギ、ネギ、ネギ」で行きました。いやー、おいしかった。

さらには「焼ネギ」。外の皮をつけたままで黒くなるまで焼いてはがしてドレッシングで食べるとこれがまたおいしい。次の日は息子が友だちを呼んで「焼ねぎ大会」をしたそうな。正油をかけたり、わさび漬をつけたり。

まだ残っているので最後はすき焼きで飾ろうかな。

写真がないのは残念だなぁ。気がついた時にはもう鍋が半分になっていたもんで。

|

« クリスマスソングを分析する | Main | 大道仮説実験ワークショップ in 福井2005 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« クリスマスソングを分析する | Main | 大道仮説実験ワークショップ in 福井2005 »