« お好み焼鉄板の熱力学 | Main | 自由を得た「のぶ」 »

2006.03.02

「大切な文字を赤で印刷するのはやめて欲しいバトン」

楽しいブログを書いているsatoshiさんが、「大切な文字を赤で印刷するのはやめて欲しいバトン」というテーマで書いています。

ふだんは「バトン」は無視していますが、これには参加します。
(以前mixiには書いたものです)

VFMI0072

所沢市の狭山湖畔霊園の駐車場トイレ前の看板。
あまりに見事に消えているので、クイズになってしまいました。

蛇足ながら正解は……(カーソルでなぞってみてください)

フンでみんなが

迷惑しています。
フンは必ず
持ち帰りましょう。

最後の4文字はマジでわからなくなってしまった。

(06-03-06 現地で確認しようとしましたが、実物を見ても全く読めませんでした。息子に教えてもらって上を書きました)

こんな答えも寄せられました。

愛犬家フンでみんなが
迷惑しています。
愛犬家フンは必ず
犬が始末しましょう。

|

« お好み焼鉄板の熱力学 | Main | 自由を得た「のぶ」 »

Comments

本当にそうなんですよ、赤字で消えている。愛犬家としては、ちゃんと始末しない人にだけ見えるようにもして欲しい。同類に見られるのがたまらない。ドイツの観光地では50m置きにイヌの糞をすてるボックス・ビニール袋があります。が、それは観光地だけときいて、後日驚きました。世の中そんなものですね。

Posted by: morry | 2006.03.23 10:21 AM

どもども。
「赤の色素で堅牢なのができれば巨万の富を得られる」というのは嘘ではありません。それくらいに赤い色素は光で褪色する傾向が強いのですが,それはさておいて・・・
ずっと昔のこと,勤務先の近くに自動車の整備工場があり,ある日その入り口のところに「自動車違法改造撲滅工場」という,なかなか勇ましい標語の書かれた看板が取り付けられました。この標語,「違法改造」の部分だけが赤で,他は黒で書かれていたのです。
その勤務先にはその後10年ほど通いましたが,年がたつにつれて,赤い字は薄れていき,最後にはまったく見えなくなり,黒い文字だけがしっかりと残ったのです。

Posted by: 小波 | 2006.03.29 04:49 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「大切な文字を赤で印刷するのはやめて欲しいバトン」:

« お好み焼鉄板の熱力学 | Main | 自由を得た「のぶ」 »