« パルスオキシメーターを買った | Main | 『 図解 物理のウンチクがたちまち身に付く本』 »

2007.04.26

「トンでも吸盤』が飛ぶ

2006年9月にデビューした「トンでも吸盤」は、その後決して爆発的に売れることもなく、地道に作っては売るという状態。それでも思ったよりは出たというべきか、初期ロットの材料がなくなったので、新しく赤と青を仕入れて作っているところ。

今日は、実演画像をいくつか。

Vfmi0193

まずはおなじみ、コップ釣り上げ。

Vfmi0192

続いてカンヅメ。

Imgp2562_1

家のドアに貼り付ける不審者。(自宅です)

Imgp2569

Imgp2575_1

二丁吸盤

Imgp2570

あらよっと

Imgp2572
天井貼り付け成功

Imgp2576

手を離しても大丈夫

仮説社(東京・高田馬場)で売ってます(通販もあります)。
(「トンでも吸盤」の商品へのリンクはこれですが、注文するためには一たんトップに戻らないとダメみたいです)
説明書(PDF)はこちら

April 26, 2007 at 12:06 PM in 科学 |

Comments

 先日TVを見ていたら,タレントの松尾貴史氏がこのトンデモ吸盤を宣伝していて,「これはわたしが発明しました」とトンデモナイ発言をしていました。ほんとでしょうか。

Posted by: Kawa | Apr 28, 2007 10:42:42 AM

kawaさん、

お返事が大変遅くなりました。
松尾さんのテレビ出演、「増刊号」で見ました。
(「トンでも」ではなく「どこでも吸盤」の方ですね)

一年ほど前、「どこでも吸盤」が出来てきたその日に松尾さんにお会いして、見せたところ大変気に入って、すぐに自分でデザインしたものを作ったそうです。

テロップに「松尾貴史さん発明?!」とでていましたが、ご本人は、
「これ趣味で作ったんですけど」
などの表現をしていて、「自分が発明した」とは言っていなかったと思います。

ちなみに誰が「発明」したのかは、ぼくも知りません。アメリカに「Lil' Sucker」というものが、かなり前からあって、アメリカでは特許をとっているようです。

「どこでも吸盤」は、印刷したデザインだけがぼくのオリジナルで、中身は「缶フィックス」という名前の「ノベルティー商品」です。

Posted by: のぶ | May 22, 2007 12:23:02 PM

Post a comment