« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.19

結婚記念日も「よろず萬べえ」

つい5日前に行ったばかりのこの店に、また来てしまいました。今日は27回目のアニバーサリー。

IMG_0213

店の入口はこんな感じ

IMG_0214

この黒板の出ていない日は帰った方がいい、と店主に言われてます。

IMG_0215 もずく酢 480円

 

シャキシャキしておいしいっ。

 

 

   

   
                   
IMG_0216         

秋なすのガーリックバターいため。 480円

今日は妻は生ビール(400円)から、私は日本酒から。

      
                       
IMG_0220 お酒は千葉の「東灘」一銘柄だけ。種類はいろいろあって、今日は、         
・蔵元 推奨酒  360円         
・とびっきり 380円         
・朝市娘(純米吟醸) 680円
                              
         

刺身は、ノドグロ(550円)、真鯛(580円)、スズキ(550円)。

写真の撮り方がヘタですみません。

白身ばかりだけど、どれもおいしかったぁ。

      
IMG_0217
 

IMG_0218

 

タコのからあげおろしポン酢あえ 550円

 

やわらかく てびっくり。パクパクいきます。

 

 

IMG_0222

 

カマス焼き 680円。これまたおいしい。(表現ヘタすぎ)

 

 

 

IMG_0223

 

これが、皿からはみだす太刀魚の天ぷら。二人でこんな大きいのどうする、と思いきやカルーくいただきました。880円

 

 

 
                     
IMG_0225 IMG_0227

シメは茶そば(500円)と、ミニしらす丼(450円)

ゆっくり食べて、ゆっくり飲んで、酔わないつもりだったけど、家に帰ったらすぐにぐっすり寝てしまった。

October 19, 2007 at 06:15 PM in 日記・コラム・つぶやき | | Comments (0)

2007.10.16

分子模型を作る

このところ分子模型に凝っている。

以前から仮説実験授業をやっている人たちの間で普及しているのが、この発泡スチロール球で作るもの。

Img_0021

球に色を塗っている時の風景はこう↓

Img_0018

早く乾くようにと、外に干すことも。

Img_0005

とにかく作っていても楽しいし、出来あがったものを見ていても楽しい。

070819_134327

これは、エタノール(黒が炭素、赤が酸素、白が水素)で、「犬」みたいでかわいい。後ろ足を120度回転されるともっと犬らしくなるのだけれども、化学としてはこうやってずれているのが正しいらしい。でもって、片足をあげているように見えるので「オシッコ犬」ともいいます。

驚いたことにに、アメリカの人のウェブ(Flickrという写真共有サイト)にも、
"dog-shped molecule" と称して、エタノールの写真が。

別のウェブには、 "pissing dog shaped"(オシッコ犬の型)という表現もありました。犬のオシッコが万国共通なのはあたり前か。

もう一つの分子模型

さて、すっかり気に入っているこの発泡スチロール分子模型ですが、つい最近買ってきた分子模型も面白い。こちらは「作る」のではなくて「組み立てる」タイプ。そういうものは以前からいろいろあるのだけど、このたび朝日新聞(東京10/13夕刊)紹介されていたのが、「モルタロウ」というもの。

Img_0210

向こう側がエタノール、手前左がベンゼン、右がシクロヘキサン。

こちらは青いのが炭素なのだが、2重結合用と単結合用とで部品が違う。ベンゼンは、ひとつおきに二重結合になっている。これを作ってから、「それでは同じく炭素6個のシクロヘキサンを」と思って、今度は「単結合用(手が4本)の部品を使って作りはじめたら、5つくらいで環が閉じてしまいそうになった。「あれ?」と思ったが、よく考えてみたらシクロヘキサンは平面にはならない。4本の手は109度でついているので、角度をつけて繋がないと環にならない。おお、そういえば「シス」と「トランス」とがあったな。ペコペコと折り曲げると「いす型」にも「舟型」にもなる。ちなみに、二重結合のところは回転できないように作られているので、ベンゼンは、折り曲がらない。

作って、見て楽しむスチロール球と、簡単に組み立てて結合を理解するモルタロウ、どちらも楽しいし、役に立つ。

頭でわかっていても、こうして手で触れるとまるで違うことがよくわかる。

October 16, 2007 at 10:43 AM in 科学 | | Comments (0)

2007.10.13

代々木・「よろず萬べぇ」

家から歩いて3分のところに、こんな店があったとは。

ついこの間「代々木の刺身のおいしい店」と紹介された「よろず萬べぇ』」という店。

店に入ってすぐに「これはいいぞ」と感じたそのまま「いい店」だった。
すばり「刺身と日本酒」。さかなは新潟の能生(のお)から仕入れた近海もの。お酒は、千葉の酒蔵の「東灘」だけという徹底ぶり。銘柄はひとつだけど、10種類以上のタイプがあって十分選択の余地あり。いちばん安い「推奨品」が1合360円ながら、十分おいしい。

さしみは、めじまぐろ、平目、かんぱちをいただいたけど、どれもほんとにおいしい。特に平目が絶品だった。

1年半前までは代々木東口(ドコモビルの側)にいたそうで、その頃も何度か看板だけは見たことがあった。

日本酒と刺身が絶対のおすすめではあるけれども、焼とりや豚肉、ふろふき大根どれもおいしい。

代々木に住んでいてよかった、と10回くらい思った。

October 13, 2007 at 08:46 PM in 日記・コラム・つぶやき | | Comments (0)