« 近刊『Subject to Change』 | Main | 宴会報告 »

2008.10.28

『Subject to Change』発売

先日ご案内したぼくの初の訳書『Subject to Change』が、店頭に並びはじめました。Amazonでも「在庫あり」になっています。

『Subject to Change』
 予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る
* Peter Merholz, Brandon Schauer, David Verba, Todd Wilkens 著
* 高橋 信夫 訳
* 2008年10月25日 発売
* 180ページ
* 定価1,890円
* ISBN978-4-87311-385-2
発行:オライリー・ジャパン

「オライリー棚」のある書店であれば、まず間違いなくそこにあります。
そうでない場合は、「ソフトウェアエンジニアリング」とか「技術経営」とかいろいろ。

 

Img_0001

左側が原書、右側が訳書です。表紙をみても「Subject to Change」というのがタイトルなのかどうかわかりにくいかもしれません。

新宿のジュンク堂では破格の扱いで、オライリー棚、ソフトウェアエンジニアリング棚の両方に、面出し(表紙が見えるように立ててある)4列づつ置かれていました。

ぼくが見ている間に誰か買わないかな、と思って見ていましたが残念ながら売れませんでした。

しかし、ジュンク堂に行くと、あらためて「こんなに本ってあるんだ」とため息がでます。この中で売っていくのは容易なことではない。

早速書評を書いていただきました。

■「あなたも私も最高の“体験”をデザインできる」(日経BP ITPro Infractructure 2.0)

 経営とITサイト編集長の谷島宣之さんの署名記事で、3ページにわたって書いていただいています。

October 28, 2008 at 06:15 PM in 書籍・雑誌 |

Comments

Post a comment