« 『懐疑論者の事典』 | Main | 『Subject to Change』発売 »

2008.10.16

近刊『Subject to Change』

Stc

ぼくが初めてひとりで訳した本が出ます。(10/25発売予定)
題名は「Subject to Change」。原題のままです。
--------------
『Subject to Change』
 予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る
    * Peter Merholz, Brandon Schauer, David Verba, Todd Wilkens 著
    * 高橋 信夫 訳
    * 2008年10月25日 発売予定
    * 180ページ
    * 定価1,890円
    * ISBN978-4-87311-385-2
オライリー・ジャパン

【出版社による解説】
本書『Subject to Change』は、情報アーキテクチャ、ユーザー体験で高い評価を得ているAdaptive Path社の主要メンバーが、変化の激しい市場環境で優れた製品・サービスを生み出す方法を書き下ろした書籍です。デザインの重要性を高める、顧客への真 摯な共感を育む、単体の製品ではなくシステムとしてデザインする、アジャイルなアプローチを取り入れるなど、より優れた体験をユーザに提供するためのシン プルで強力な考え方を提供します。
紹介ページ
--------------
まだアマゾンには載っていません。

書名はいろいろアイディアがあったのですが、結局「原題のまま」となりました。題名が英語というのも大胆だなと思ったのですが、オライリーなのでPerlだのActionScriptだの本屋の人が読むのも大変そうな本がいろいろあるのですね。

先の読めない時代に、いかにすばらしい製品やサービスを作るか、ということを書いた技術書+ビジネス書という感じの本です。

よろしくお願いいたします。

October 16, 2008 at 04:31 PM in 書籍・雑誌 |

Comments

Post a comment