« 年賀状2009 | Main | 山岡洋一『英単語のあぶない常識』 《IN FACTは「実際に」か》 »

2009.04.13

本『マンガ物理に強くなる』が面白い!

ブルーバックスの『マンガ物理に強くなる』が面白い!
関口 知彦 (原作) (著), 鈴木 みそ (イラスト)

高校野球部の生徒が同じ学年でイギリス帰りの才女?に力学を
習っていく、というストーリーの「マンガ」なのですが、
面白くてためになりました。

ガリレオが斜面を使って落下の実験をした、なんていう話が
詳しく書かれていたので「へぇー」と思って読んでいったら、
参考文献の最初に板倉聖宣著『ぼくらはガリレオ』が載っていました。あの本はいい。

「試験対策には公式を丸暗記する方がいいじゃない」と主張する
別の女子生徒に対して

「一生覚えていたくないの?」

という場面が感動的です。

マンガといえ、あっという間に集中して読んでしまいました。
運動方程式だけに数十分でも集中できる、というのがマンガの
威力。「いかに集中できる時間を長くするか」という意味で
(絵を描く方法の)キミ子方式を思いだしました。

おすすめです。
(物理が苦手や嫌いな人にとって面白いかどうかはわかりませんが)

詳しい書評はこちら
眼鏡っ娘で物理に強くなる(NATROMさん)
『マンガ 物理に強くなる』(自由落下)(271828さん)

April 13, 2009 at 09:25 PM in 書籍・雑誌 |

Comments

Post a comment