« 自慢とは何か | Main | 【ヴ】正しい音程の不思議 »

2009.08.27

【ニュース】小6が心臓マッサージ、父親の命救う

めざましTVで見ました。

学校で蘇生法を習ったという姉の指示を受けて、少年がマッサージをしたとのこと。お姉さんが自分でやらなかったのは、弟の方が力があるからなのか、自分でやるより指示した方が冷静になれるからか。

などと思っていて、ウェブの記事を見たら、119番の人が電話で指示を出して、それに従ってやったと書いたあった。ああ姉さんが電話を聞いていたのかな、と思ったら電話口にいたのはお母さん。つまり、

消防署→お母さんの指示
お姉さんの助言
弟が実施

ということのように見えます。

これでも美談に何のケチがつくこともないのに、テレビではなぜ「消防の指示」のことを言わなかったのだろうなぁ。

当のお父さんは今でも入院中とのことだから、本当に危ないところだったようで、お手柄。

余談ながら、11歳少年と15歳姉の受け答えがしっかりしているのに感心しました。

August 27, 2009 at 12:34 PM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/46042856

Listed below are links to weblogs that reference 【ニュース】小6が心臓マッサージ、父親の命救う:

Comments

Post a comment