« 電車に乗らなくなった | Main | 「宇宙について学ぼう」という会に行ってきました »

2009.10.15

本が読めない

買った本の数は増えているのに、読んだ本の数が減っている気がする。
「買ったのに読んでいない本」がたくさんある、と言い換えるほどのこともなくて要するに「積ん読」状態。

通勤しなくなったために、電車で読書をする機会がなくなったのが大きな要因。その分の時間、家で読めるはずなのにね。

それでも興味のある本は買う。紀伊国屋でもAmazonでも。新聞や雑誌で書評や広告を見て、その場でiPhoneからAmazon注文なんてことも多くてキリがない。

まあ、世の中の「本を買う人」と比べれば大したことはないのだろうけど。

一時期は「今読んでいる本を読み終るまでは次は買わない」と思ったこともあるのだけど、ある時、板倉聖宣さんの

「本は買うものにして、読むものにあらず」

という格言?を知ってから、ぐっと気が楽になった。書って身近に置いておくことに意味がある、と。

「買うのに金を払ったのに、そのうえ読むのに時間まで取られたら、『盗っ人に追い銭』だ」

などとひどいことを言った出版社社長もいます。

20091015_001

写真は本文とそれなりに関係あります。

October 15, 2009 at 08:39 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/46489421

Listed below are links to weblogs that reference 本が読めない:

Comments

Post a comment