« お役所の対応 | Main | アンリの手 »

2009.11.21

「翻訳祭」に行ってきました

昨日(11/20)、第19回JTF翻訳祭に行ってきました。おととし初参加して、一年飛ばして今年が2度目。主催は日本翻訳連盟。

内容は、講演が2つとパネル討論会があって、そのあと交流パーティー。
詳しくは→こちら

講演で印象に残ったのは、個人産業翻訳者では恐らく日本一有名な、井口耕二さん a.k.a. buckeyeさん。

Img_0140

翻訳発注元であるクライアント、仲介する翻訳会社、そして個人の翻訳者の3つのパートそれぞれについて、何が足りないか何をするべきかというお話。

Buckeyeさんは、パソコン通信NIFTY-Serve時代の「翻訳フォーラム」のフォーラムマネージャー。私もフォーラムマネージャーをやっていたということでお近付きになることができました(もちろん、別にコネなどなくても、近付くことのできる気さくな方です)。

パネル討論会も活発な意見が出て有意義かつ楽しめたのですが、誰かが「タイトルの『「翻訳不況への対抗策」  ~変わらぬものと変えるべきこと~』とは違ったよね」と言っていたのを聞いて、ああそうだったのか、と。

Img_0141

交流パーティーは・・・、波に乗ることができずやや寂しい結果に。
フリーの翻訳者としては、この機会に翻訳会社さんに顔を売ったり、他の翻訳者さんといろいろ情報交換するのが大きな目的なのですが、うまくいかず。

Img_0144

元々存じあげているBuckeyeさんほか数名の方と話したのがせいぜい。

前日の夜のテレビ『アメトーク』で「人見知り芸人」という特集をやっていて、妻と大笑いしていたのですが、とんだところで、自分の人見知り病が出てしまいました。

それでも参加したことには大いに意義がありました。

November 21, 2009 at 11:43 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/46818341

Listed below are links to weblogs that reference 「翻訳祭」に行ってきました:

Comments

Post a comment