« コーヒーメーカー再修理の件 | Main | シンセな出会い »

2010.01.10

パン焼き機を買うの記

10年くらい前に一度買いそうになった時にやめて以来、妻も私も全く興味を示していなかったパン焼き機(ホームベーカリー)なのだが、新年早々妻が買うと言い出した。義妹のところで焼いたパンを食べたすぐ後、家に送られてきた『通販生活』に出ていたかららしい。

サンヨーCE社製の「釜伸び職人」というその機械は「こね方」に特徴があるそうで、カタログハウスで調べた限り最高のパン焼き機であるという。

即決して新橋のカタログハウスの店に行くべく、夕方品川駅で待ち合わせる。が、新橋に向かう直前に「水曜定休」であることに気付き中止(仕方がないので新宿のヨドバシでホームベーカリーを見た後飲みに行った)。

翌日、再度新橋へ。この時は手回しよく「在庫確認」の電話をしたところ、店にはないので後日発送になると言われたのだが、現物を見るだけ見ようということで店に行く。その場で買わないことになったので、やや落ち着きを取り戻して、他の機種と比較検討することになった。

「釜伸び職人」と全く同じ製品はサンヨーからも出ていないようだ。しかし、よく似たモデルはある。いくら何でもカタログハウスだけのために、一からパン焼き機を設計するとは考えられないので、サンヨーの類似機種でも「こね方」は変わらないだろうと予想。サンヨー、パナソニックのカタログと、通販生活の切り抜きを持ってヨドバシに行く。

サンヨーのKP100が「釜伸び職人」の上位機種と思われるのでそれに決めかけていたところに、親切そうな店員が来ていろいろ説明してくれた。妻は持ってきた資料を出しながら根掘り葉掘り質問する。その結果、当初は全く予定になかったパナソニックの「スチーム機能付」最新機種SD-BMS101に決めたという。

「こね方」にこだわるだけで、「付加機能」には興味がないかと思っていたので意外だったが、もちろん異存はない。ただ、値段が29500円と、類似機種より8000円くらい高い。私はその場でiPhoneを取り出して、kakaku.comを調べたところ、Amazonで21079円、なんだこの違いは。売り場のベンチに腰かけてkakaku.comからamazon.co.jpにジャンプしてその場で注
完了。さすがにやや後ろめたかったがヨドバシの店員さんありがとう。ちなみに、最安値は「9円」安い他の店だったが、amazonならカードや住所の登録も必要ないので便利。

ヨドバシとネット通販の価格比べなら前からやっていたし、今回だってなにも売場でamazonクリックしなくてもいいのだけど、ちょっと面白がってやってしまいました。

注文から約26時間後のさきほど商品が届きました。妻は留守なので試運転はまだですが。

January 10, 2010 at 03:08 PM |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/47252827

Listed below are links to weblogs that reference パン焼き機を買うの記:

Comments

Post a comment