« 箱根駅伝の応援に行ってきました | Main | 冷蔵庫のバナナ »

2010.01.05

箱根駅伝「第5区」についてのメモ

箱根駅伝は2年連続で、東洋大の柏原選手の大活躍によって第5区で大逆転して、総合でも優勝。その前の「山の神」今井選手と合わせて、〈5年連続で第5区で大逆転〉が起きているそうだ。

そこで、「山登り(5区)だけで勝負がついてしまうのはよろしくない」という声が出てきた。

という話を書きたいのだけど今は時間がない。でも忘れないうちにと思ってメモだけ作っておく。随時追加予定。

聞こえてくる声
・5区の重要度が高すぎる
・数年前に5区を長くした経緯がある
・距離を元に戻すべきである ←修正案としてはこれだけ
・2区こそがエース区間であるべき
・山登りスペシャリストで平地でも強い選手はいない
 (柏原が唯一の例外[上武大・花田監督])
 → 山登り偏重は日本マラソン界のためにならない

私の考え
・5区のチーム間の「偏差」は明らかに大きい(集計してみたい)
・距離を戻したくらいでは「5区で決まる」状況は変わらないのではないか
・昔から「山登りスペシャリスト」はいたが、問題にならなかったのは総合で勝たなかったから。東洋大は他の選手も強い。
・柏原がいなくなればこの問題は解決するのだろう。そうならず各校が山登りスペシャリストを揃えてくるなら、それはそれでいい。

・この話を聞いて、直感的には「くだらない」と感じた
・しかし、5区だけで決まるような状態がよくないのは確か。芸能人クイズ番組で最後の問題だけ突然得点を多くして逆転させるようなものだから。
・いろいろ理由をつけているが、「自校が勝てないから」言っているようにみえる。

とりあえず(2010-01-05)

January 5, 2010 at 08:51 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/47209828

Listed below are links to weblogs that reference 箱根駅伝「第5区」についてのメモ:

Comments

Post a comment