« 巨大クリップ | Main | 麦茶ポットのパッキン交換 »

2010.02.18

マンションの光

宗教集団みたいなタイトルになってしまった。
インターネットの光ファイバーを入れる話。

わが家は4年前にBフレッツ(ハイパーファミリータイプ)を入れて使っているのだけど、同じマンション内で回線を引きたいという人が増えてきたので「マンションタイプ」を検討している。

といっても、そのための機械を置く場所もないし、電話線を使ったVDSLになるのは面白くないので、これまで導入は考えていなかった。

ところが今日もらった資料によると、「光配線方式」というやつで、各戸にファイバーを通すのだという。なるほど、だから機械はいらなくて分配器だけでいいので場所もとらないのだ。

で、すでにBフレッツを使っているウチはどうするべきか聞いてみた。
1.そのまま使う
2.新しい方式に切り替える
どちらも可とのこと。「2 」のメリットは何かと聞いたら、月々の料金が現行の6400円(プロバイダー込み)から約5000円になる。

だったら当然切り替える・・・と思うと実は落とし穴があって、新規なら無料になる工事費が、既存ユーザーの場合は2万8000円ほどかかるのだそうだ。光ケーブルの種類が違うので張り直して、光モデムも交換になる。

月額の差は1400円だから、20ヵ月で元がとれる。

ということで、たぶん乗り替えることになると思う。ケーブルが「多少」曲げに強くなるらしいので、それにちょっと期待。光モデムとひかり電話ルーターが一体型になるかもしれないと言っていたので、それもありがたいかな。設定はしなおしだけど。

ちなみにこの「フレッツ光ネクストマンションタイプ(光配線方式)」というやつは、MDFまで線を引き込んでマンション内の中継のしかけを付ける ところまでなので、マンション全体で歩調を合わせる必要もなく、実に話は簡単。あとは、個別に申し込んで契約と工事をするだけです。

この方式が主流になるならマンションタイプも一気に普及するんじゃないかなぁ。

February 18, 2010 at 03:53 PM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/47600698

Listed below are links to weblogs that reference マンションの光:

Comments

Post a comment