« Make: Tokyo Meeting 05と『Mad Science』 | Main | 微積分アメリカンジョーク »

2010.05.25

マーチン・ガードナー

マーチン・ガードナーが亡くなったことを知らなかった。
twitterにガードナーのことを書いていた人がいたのはそれだったか。

『数学ゲーム』シリーズは大好きだったし、たくさん本も持ってます。でも、ついこの間までこの人を「数学者」だと思っていたのだかど、本当は ジャーナリスト、というか何というか、とにかく学者ではないのですね。

それを知ったのが、Make: マガジンに載っていたこの人のインタビュー記事。
"Mathemagician" というタイトルで、日本語版では「数術師」。これはぼくの出版翻訳デビュー作だったのです。

同じ号で他に「赤外線写真の撮影する」「自分の本を出版する」とか、ルディー・ラッカーの「素晴らしきCA:セルオートマトンでパターン作り」な んていう記事も訳したのだけど、何といってもガードナーの記事はやりたかったのだ。

ところが当初は翻訳対象に入っていなくて、あきらめていたところ後からやることになった次第。

7ページの記事だけど、ガードナーが若い頃からどうやってこの世界に入ったか、いかに手品が好きだったか、等々がよくわかります。ニセ科学批判も ね。

いい記事なので紹介したいのだけど、日本語版「Make:04」を読むしかないのかな。
books.googleで何ページかは読めます。
http://ow.ly/1PtnU

ガードナーが死んだことは、mixiの日記で知って、思い出して「誰もわからないだろうな」と思いながらMake:のことを書い たのですが、なんと、このMake:の記事を読んでガードナーの現状(当時)を知ったという方がコメントしていてびっくり。嬉しかったです。

インタビューで紹介されていたのが『Calculus Made Easy』という本。Silvanus P. Thompsonという人の古典に彼がコメントを入れたもの。微積分の入門書なのだけどガードナーが絶賛していて確かにわかりやすくて面白そうなのだ。あ ちらではそれなりに有名な本らしいけど、邦訳は出ていないみたい。(「微積分Made Easy」というのが見つかったので、すごいタイトルだなと思ったらウェブの自動翻訳だった。)

May 25, 2010 at 07:41 PM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/48455950

Listed below are links to weblogs that reference マーチン・ガードナー:

Comments

Post a comment