« ビール三昧に反省して休肝日 | Main | 花でできたケーキ »

2010.05.07

北山修・・・すごい

友人に教えてもらって録画しておいた「きたやまおさむ九州大学退官記念コンサート」を、こともあろうに深夜1:30から見てしまった。ビデ オなのに。

フォークル120%中高生だったぼくとしては、見始めたらやめられない。

「花のかおりに」なんて、テレビで見られると思わなかった。坂崎幸之助は当然としても、杉田二郎に南こうせつまで登場。九大では「ふつうの教授」 だったのだろうと思うけれども、おそらく大学側がかなり協力して実現したコンサートだと思うので、大したものです。

感想はいくらでもあってキリがないので思いつくまま少しだけ。

・坂崎幸之助の声は加藤和彦にかなり似ている。と思ったら、はしだのりひこにも似ていた。南こうせつが降りてくることもあると北山さんが言ってい たから、要するに声帯模写がうまいということか。そのわりに「杉田二郎になりきって歌います」と言って歌い始めた「戦争を知らない子供たち」は似てなかっ た。

・北山-加藤よりも北山-杉田の方が曲の数は多いらしい(北山談)

・九大の新キャンパスのイメージソングを北山さんがプレゼントして、学生さんが作曲して演奏して歌っていたけど、これがすばらしかった。歌詞に 「九州大学」と入っているので、ふつうには流行しないだろうけど。

インタビューで加藤和彦との関係を聞かれた北山さんが、

パートナーであるとともに「ライバル」だったと思う。お互に何かに「嫉妬していた」と。なんか、ジーンときました。

ぼく自身は「嫉妬」という感覚を感じない、というか強く嫌っていたつもりなのだけど、「あこがれ」はあるわけで、でもそれを「嫉妬」と表現するの もいいなぁ、と思いました。

番組の冒頭で、フォーククルセダースを「40年以上前に~」と言っていたのを聞いて、ちょっとショックでした。40年なんてとてつもなく長い時間 だと思っていたけど、この程度かって。

ちなみに、この時に北山さんの代表作として紹介されたのが、

・あの素晴らしい愛をもう一度
・白い色は恋人の色
・さらば恋人

でした。

どの歌も、ギターのコードが気になった。

May 7, 2010 at 08:26 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/48292405

Listed below are links to weblogs that reference 北山修・・・すごい:

Comments

Post a comment