« テオ・グレイさん来日 | Main | 「英語嫌いを作る方法」について »

2010.07.23

MacPaintとQuickDrawのソースコード

mixiマイミクASLさんの日記で、Mac PaintとQuickdrawのソースコードが公開されたことを知りました。

Computer Museumに寄付したとのこと。
ダウンロードはこちらから
http://www.computerhistory.org/highlights/macpaint/

5年前にAppleが渡したけれども、公開までに時間がかかったようです。

ざっとながめたけど、もちろんその「すごさ」はわかりません。でも、Mac Paintですよ?Bill Atkinsonですよ。Andy Herzfeldのコードもあるらしいですよ。"tight assembler"の。

モノクロ、ビットマップのMac Paintは、メモリー128KB、フロッピー1枚のシステムで動いていたんだなぁ。

魔法に見えましたよ当時。

そのままHyper Cardに繋がったんだろうなぁ。今でも、そのままでいいから使いたいHyper Card。

たまたま運良く、General Magic時代のBill AtkinsonとAndy Herzfeldに会ったことがあります。出張していた時にぼくの誕生日が来たら、寄せ書きのバースデーカードをなんとAndyが持ってくてきれました。担当さんが、ぼくがAndyファンだと知って、はからってくれたのです。

上のダウンロードページの下に続く「おはなし」がまた非常に興味深い。

1つだけ紹介。

レポーターがスティーブ・ジョブに「QuickDrawを書くのには何人年かかりましたか?」と聞いたので、ジョブズがBill Atkinsonに聞いたところ「続けてじゃないけど4年くらいかな」。ジョブズはレポーターにこう言った、「24人年」。ジョブズは、アトキンソンの1年は並みのプログラマー6年分に相当すると、きわめて適切に考えたのだった。

July 23, 2010 at 01:04 PM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/48953068

Listed below are links to weblogs that reference MacPaintとQuickDrawのソースコード:

Comments

Post a comment