« FLYING CHICKEN HOUSE | Main | だったらどうすればよい? 尖角問題 »

2010.09.10

冷房も暖房もいらないところ

きのう今日と涼しくて、冷房なしで快適に過ごしています。
いずれは寒くなって、暖房を入れることになるんだなぁ、秋が続けばいいのに、などと考えていたら、ふと「一年中、春か秋の場所」ってないのかな、というのが気になった。

日本のように「四季」がはっきりしている地域はむしろ珍しいらしいけれど、そうでない国は「一年中暑い」か「一年中寒い」という印象があって、「一年中春」というのは、比喩的以外には聞いたことがないのです。

カリフォルニアのサンノゼは、冷房不要でなかなか快適なところでしたが、それでも冬の暖房は必要でした。

地球のどこかには「冷房も暖房もいらないところ」があるに違いないと思うのですが、聞いたことがないところをみると、少なくともそこは「大人気の場所」にはなっていないのでしょう。

文明が発達するためには、季節の変化が必須なのでしょうか。農業には必要そうですが。

September 10, 2010 at 09:12 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/49404606

Listed below are links to weblogs that reference 冷房も暖房もいらないところ:

Comments

確かに、一年中過ごし易い気候の国って、聞いたこと無いですね。
赤道直下の国なら、一年中暖かそうなので、寒がりの人には最適かもしれません。

Posted by: 暖房 | Sep 27, 2010 11:07:24 AM

Post a comment