« Mad Science / 元素図鑑の著者がテレビ出演 | Main | さすがはノーベル賞 »

2010.10.05

起訴されるということ

小沢一郎が起訴されていろいろ大変そうだけど、「起訴された」からといって、有罪と決まったわけではない、というのは当然のこと。

でも、実際には「起訴=有罪」だと感じる人が多いと思う。それどころか、その前の「逮捕」の時点で「有罪」と思う人率も同じくらいかも。

実際には判決がでるまでは有罪ではない(=無罪)なのだけど、「えん罪」が現実にあることはご存じのとおり。

起訴されると「有罪率」が99%だかだという歴史があるから仕方ないのでしょうね。

それに、いくら「判決がでるまではわからない」と言ったって、「逮捕」するためにも、かなりの証拠が必要なのだから、「単なるシロ」とは思いにくい事情もある。法的にはシロだけど、心情的、道徳的には真っ黒というのも多いしね。

今回の小沢事件はどうなるのだろう。
「有罪率99%」というのは、あくまでも検察が「有罪を取れる」と思って起訴した時の話だから、今度みたいに、検察が諦めたものを一般人がやり直して、裁判も検事ではなく弁護士がやるというのだから、結果は予測がつかない(検事役の弁護士は、ワクワクするだろうなぁ、いつもと反対のことができるのだから)。

裁判所はもともと検察の出してきたものを(結果的にですよ)殆どそのまま有罪にしてきたのだから、今回そうそう有罪にできないかもしれない。一方で、「検察不信」が騒がれる中、むしろ有罪になりやすいのかな、とも思えるけど、裁くのはプロだけだからね(裁判員は入らない)。

どういう理由か知らないけど、手続きがいろいろ大変らしくて、初公判は1年後というから、すぐ忘れちゃうだろうな。本人は大変だろうけど。

そうそう、こういう時は「予想」しておかないと面白くない。

ぼくの予想は「無罪」です。

October 5, 2010 at 11:19 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/49654935

Listed below are links to weblogs that reference 起訴されるということ:

Comments

Post a comment