« さすがはノーベル賞 | Main | じじバカ »

2010.10.09

萌える『元素の歌』、いよいよ登場

Img_0019

日本語版「元素の歌」が、ついにiPad/iPhoneの『元素図鑑』アプリで公開されました。

原曲は1959年にハーバード大学の数学者Tom Lehrerが歌ったThe Elements Song。50年の時を越え、元素図鑑の作者テオ・グレイさんの従兄弟、トム・リクテンスタイン氏が現代アニメ風に編曲したものを、その双子のお嬢さんアンジェリーナとジェニファーが歌います。アンジェリーナが全体を、一部のコーラスをジェニファーが担当しています。

上の写真はアプリのスナップショットですが、こうして2人で歌っている時は2人の写真が、1人の時はアンジェリーナだけが表示されています。

待望のYouTube版は、大阪での撮影を終えたアシスタントがきのう戻ったばかりで、現在鋭意編集中とのこと。たぶん、アブリ版はデータを送ってもらって先行してグレイさんが作業したものと思われます。


そういえば、グレイさん出演の『世界で一番受けたい授業』の放映は今日(2010年10月9日)の18:30からです。

October 9, 2010 at 02:05 PM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/49691631

Listed below are links to weblogs that reference 萌える『元素の歌』、いよいよ登場:

Comments

わたしのiPadも元素図鑑をアップデートして,さて,起動して画面下の「日本語」をクリックしても真っ黒なまま一向に歌ってくれません。
 「うーむ,どうしたものか」と思案しています。

Posted by: kawa | Oct 9, 2010 6:24:00 PM

kawaさん

おそらく「メモリー不足」に陥ったものと思われます。iPadの「再起動」の方法はご存じですよね?
電源完全オフにしてから、電源オンしてみてください。

Posted by: のぶ | Oct 9, 2010 7:00:00 PM

 メモリー不足だったとは。そういえば以前1回だけメモリー不足なったことがありました。初歩的なミスというか,iPadの仕様上の注意が頭からぬけていました。
 シャットダウンしてから立ちあげたら無事にかわいい女の子の歌が聴けました。ありがとうございました。

Posted by: kawa | Oct 9, 2010 9:14:46 PM

日本語版の歌、なかなかうまく歌詞がはまっていて楽しめました。

むしろ、オリジナル英語版のほうはやたらと慌ただしいだけでしたから、日本語版のほうが親しみを持てます。これはなかなか快挙かもしれません。

Posted by: baldhatter | Oct 9, 2010 9:23:02 PM

baldhatterさん

ありがとうございます。2つ上のエントリーにも書きましたが、編曲したのは日本在住アメリカ人ミュージシャンの方で、ゲーム音楽も手がけているだけあってさすがですね。ふたごの娘さんが歌う、というのもすばらしい。

Posted by: のぶ | Oct 11, 2010 12:13:18 PM

Post a comment