« 損得だけの問題ではない | Main | 裏返すタイミング »

2011.02.19

出題ミスといっても、これはヒドイ

どこかの入試問題にミスがあった件。

【発見の経緯】
解答時間中に受験者から「正答がない」との指摘があったが、問題作成委員による確認では「ミスなし」との結論が出、受験者にその旨回答したが、試験終了後、同受験者から電話にて「やはり正答がない。予備校教員に相談したが『正答』なしとのことであった」との指摘が再度あった。その時点までは委員の判断に変更がなかったため、解答中と同じ回答をしたが、合否判定までの間、再度精査した結果、指摘のとおり「正答がない」ことが判明した。

「再度精査」とか聞くと、よほど微妙な問題だったのかと思うでしょ。

【出題ミスのあった数学の問題】 生徒45人の所持硬貨について、50円硬貨を持っている生徒は21人、500円硬貨を持っている生徒は29人、50円硬貨も500円硬貨も持っていない生徒は17人であった。50円硬貨も500円硬貨も持っている生徒は【 A】人であり、500円硬貨は持っているが50円硬貨は持っていない生徒は【B】 人である。(配点 各4)

A… ア 20 イ22 ウ 24 エ 26 オ 28
B… ア 5  イ 6 ウ 7 エ 8  オ 9


Exam
こんな図を書くまでもないけど、全体が45人で、「どちらも持っていない」人が17人なら、残りは28人。それなのに「500円玉を持っている」人が29人と言われてもね。

大学の「数学」の入試問題かな、という話はともかく、どういう先生が出題したんだろ。日能研に発注すべきだったか。

ところで、この問題には選択肢があるので、そこから「本来こうあるべきだった」数字を想像するのも面白いかも。ああ、でも時間の無駄だからやめよう。

February 19, 2011 at 11:04 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/50911161

Listed below are links to weblogs that reference 出題ミスといっても、これはヒドイ:

Comments

Post a comment