« 数理倫理学序説 | Main | 5周年、みんなに感謝 »

2011.04.17

9.11テロ時のジュリアーニ市長スピーチと自粛

9.11テロのあと、ニューヨークのジュリアーニ市長が話したスピーチが、今の日本にもあてはまるのではないか、というような話があります。

今朝(4 /17)の東京新聞で木村太郎氏がこのことを詳しく分析していました。

キーワードで検索してもなかなか原文にたどりつけなかったが、どうやら国連総会の長いスピーチの最後に話した部分らしいとのこと。

僕も検索してみたけれども、確かになかなか見つからない。「原文がない」という書き込みはたくさんあるけど。それならと、"giuliani united nations speech" で探したらすぐに見つかった。木村さんの記事に「国連で」と書いてあった空こそ。そうそう、「ジュリアーニ」はJuliani あたりかと思っていたら Giuliani なのね。

スピーチ全文は複数のサイトにありましたが、ここにはビデオとテキストがあります。
http://www.americanrhetoric.com/speeches/rudygiuliani911unitednations.htm

関係ありそうなのはこのあたり。

For individuals, the most effective course of action they can take to aid our recovery is to be determined to go ahead with their lives. We can't let terrorists change the way we live. Otherwise, they will have succeeded. In some ways, the resilience of life in New York City is the ultimate sign of defiance to terrorists. We call ourselves the capital of the world in large part because we're the most diverse city in the world. And we're the home of the United Nations. So that spirit of unity, amid all our diversity, has never, ever been stronger.

On Saturday night, I walked through Times Square. It was crowded; it was bright; it was lively. Thousands of people were visiting from all parts of the United States and all parts of the world. And many of them came up to me and they shook my hand and patted me on the back and said, "We're here because we want to show our support for the city of New York."

And that's why there's never been a better time to come to New York City. I say to people across the country and around the world: If you were planning to come to New York sometime in the future, come here now. Come to enjoy our thousands of restaurants, the museums and sporting events and shopping and Broadway; but also come to take a stand against terrorism.


「いつかニューヨークに行こうと思っていた各地各国のひとは、今こそ来てほしい。それがテロに立ち向かうことにもなる」というような話です。

いまの「過度の自粛で経済活動を停滞させてはいけない」という話と、確かにつながります。でも、細かいことをいえば、ニューヨークの話は、日本でいえば「被災地の野菜を食べよう、観光に行こう」という話であって、東京で飲み食いしてお金を使おう」という話とはちょっと違います。別に自粛をやめようということではなくて、「今は行くのをやめておこう」と思いがちな人たちに「むしろ今こそぜひ来てほしい」とラブコールを送っているようです。そもそも、そういうときの「自粛」そのものがあるのかどうか。

だから、「被災地を気遣って自粛するのはやめよう」という話の引き合いに出すのは実はちょっと違うかもしれません。

ジュリアーニさんの言葉に倣うとしたら、「今こそ東北の製品を買いましょう」とか「(すこしでも復興したら)観光に訪れてください」ということでしょうか。もちろん、それ以前に「放射能を〈不当に〉恐れない」ことが重要ですが。

April 17, 2011 at 11:21 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/51410761

Listed below are links to weblogs that reference 9.11テロ時のジュリアーニ市長スピーチと自粛:

Comments

Post a comment