« 母の日 | Main | 5本指シューズを試してみた »

2011.05.16

カンツバキ、ハルサザンカ、ナツツバキ、ナニワイバラ

 

IMG_1282

娘が住む千葉県安食駅近くを、散歩していて見かけた白い花。何の花だろう?ということで、兄に写真をメールして質問。「大きさがわからないので難しいが、ツバキかサザンカの仲間だろう」との返事。その後のメールで「カンツバキハルサザンカの見分け方」という情報を教えてもらう。

母のiPadにも写真が入っていたのを、訪ねてきた姉が見たところ「ナツツバキ」だろうとのこと。姉は兄と違って特別花に詳しいわけではないのだが、なぜかナツツバキはよく知っているのだそうだ。たしかに、カンツバキとハルサザンカは、白いのもあるが殆どが赤。ナツツバキは白が普通らしい。

もうナツツバキで決まり、思っていた昨日、植物に詳しい知人にちらっと写真を見せたところ、「ナニワイバラ」に間違いない、と瞬時に言います。ツバキでもサザンカでもなく「バラ」とは。ちょっと見ただけで、間違いないというだけあって詳しい。自宅にも植えてあって、トゲが痛くて「防犯」の役に立つそうです。

ナツツバキとナニワイバラは似ていて、ぼくには区別できる自信はありませんが、よくよく見ると上の写真はやっぱりナニワイバラのようです。今度行ってトゲを確かめてこよう。

母上、兄上、姉上、いかがでしょうか。

May 16, 2011 at 11:19 AM in 日記・コラム・つぶやき |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4586/51684862

Listed below are links to weblogs that reference カンツバキ、ハルサザンカ、ナツツバキ、ナニワイバラ:

Comments

花の色と形は、確かにナツツバキ(別名シャラノキ娑羅の木)に似ている。しかし、ナツツバキの木肌はサルスベリのように滑らか。写真下方に見える茎がトゲトゲならば、イバラがが正解だろうか。
 なお、平家物語に出てくる「沙羅双樹」は沙羅の木(ナツツバキ)とは全く別の植物だそうです。
 マコト

Posted by: Makoto Takahasi | May 25, 2011 11:59:33 PM

Post a comment