2011.01.11

『フェイスブック 若き天才の野望』 まもなく発売

Facebook

フェイスブック 若き天才の野望
(5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

デビッド・カークパトリック (著)
解説:小林弘人
翻訳:滑川海彦、高橋信夫
出版社: 日経BP社 (2011/1/13)
単行本(ソフトカバー): 544ページ
ISBN-10: 4822248372
ISBN-13: 978-4822248376
発売日: 2011/1/13
Amazonへ

TechCrunch Japan翻訳チームで(バーチャルに)机を並べる滑川海彦さんと二人で訳しました。

フェイスブック(facebook)はメンバー数5億人という世界最大のソーシャル・ネットワーク。現在26歳で億万長者になっているマーク・ザッカーバーグが、ハーバード大学2年生の時に始めた学内ネットワークが、ほほすべての国(日本は数少ない例外)で「最大のソーシャルネットワーク」になっている。

この本は、フォーチュン誌元編集者の著者が、ザッカーバーグ本人を含む多数フェイスブック社員、元社員にインタビューして書かれている。

日本では馴じみの薄いfacebookだが、この本はfacebookを知らなくても十分に楽しめる(さすがに、mixiなどソーシャルネットワークのことは知らないとつらいかもしれない)。

発売日とほぼ時を同じくして封切られる映画「ソーシャル・ネットワーク」も、ザッカバーグをモデルにしてフェイスブックの創成期を描いている。あちらは「事実を元にしたフィクション」で、ザッカーバーグ他多くの出演者(実名で登場する)の「負の面」が強調されているところもあるが、この本は「ドキュメンタリー」である。ただし、著者がザッカーバーグを大いに気に入っていることは確か。

分厚い本だが、読みだしたらやめられないと思う。グーグル、ヤフー、マイクロソフトなど知っている名前がいくらでも出てくるのも楽しい。

日経BP社の編集担当は「クールビューティー」(by namekawa)こと中川ヒロミさんで、昨年は「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」を大ヒットさせた人。

解説のコバヘンこと小林弘人さんは、『FREE』(NHK出版)を大ヒットさせた仕街け人。

滑川さんの「訳者あとがき」も一読の価値大いにあり。

facebookのこの本のファンページはこちら

以下、出版社による紹介文より。
■26歳の天才、マーク・ザッカーバーグの実像
フェイスブックの若き天才CEO(最高経営責任者)、マーク・ザッカーバーグ。彼が掲げる
「フェイスブックで世界をもっとオープンな場所にする!」という揺るぎないビジョ
ンと魅力に、ハーバード大の仲間やシリコンバレーの起業家、ベンチャーキャピタル、
大企業の経営者たちが次々と吸い寄せられる。プログラマーはザッカーバーグととも
に徹夜でサービスをつくり、ナップスター創業者のション・パーカーは入社し、マイ
クロソフトのスティーブ・バルマーCEOやヤフーはどうにかして買収しようと、躍起に
なる。提示される買収金額は8億ドル、10億ドル、20億ドル、150億ドル…と飛躍的
に増えたが、それでもザッカーバーグはフェイスブックを売らなかった。本書では、
26歳の天才CEOの成功と苦悩、そして野望を生き生きと描き出す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.05.24

Make: Tokyo Meeting 05と『Mad Science』

Make: Tokyo Meeting 05に行ってきました。

今年の会場は東工大。交通の便もよいせいか、いつになく大勢のお客さんが来てくれました。

今年は出来たての翻訳本『Mad Science』の先行販売が行われるというので、いくつか実験をデモして宣伝しようということになりました。

結論からいうと、準備不足でお粗末さまでした。
いやー、ひと月前くらいから構想は練っていたのだけど材料を入手したのが数日前で、家で予備実験やったらことごとく失敗。初日は手ぶらでオライリーバックナンバーブースの店番を少しやっただけ。それでも、本を買ってくれた人に署名させていただいたりしました。

夜遅く帰ってから再度やってみたけどうまくいかなかったのだけど、とにかく道具だけでも持っていこうと、日曜日は大きなバッグ一杯いろいろ詰めていきました。結局デモらしいデモは、水素でしゃぼん玉を作って火をつけるというものだけでした。(一応、本に出てくる「シャボン玉爆弾」の項に対応)。

本当は一番やりたかった「凍てすく熱さ」のデモはできず、「リサイクルカイロ」を見せただけ(せっかく酢酸ナトリウム買ったのに)。

それでも、それでも、多くの人に暖かく見守っていただき、スタッフの方々にも励ましていただき、楽しく充実した日を過ごすことができました。

会場には『Mad Science』が山積みされていて、たくさん売れていたようで嬉しかったです。

Img_0878

もう一冊の『Prototyping Lab』と合わせ山積みにされている 『Mad Science』

そうそう、小飼弾さんがこの本の書評をブログに書いてくださいました。

404 Blog Not Found
自家松戸菜園 - 書評 - Mad Science 炎と煙と轟音の科学実験54

すばらしい書評に感謝。しかも、本書(というか原書)がオヤジギャグ満載であるということについて、

これ翻訳者にとっては地獄なのだが、本書はMakeシリーズの一環として邦訳されただけあってか、採算度外視クォリティに仕上がっている。

という有難いおことば。もっとも、これだけでは「採算度外視」が「翻訳」にかかっているのかどうかはっきりしないのですが、会場でガラスを溶かす実験(失敗しました)をしていると「火力が足りなんんじゃない」と声をかけてくれたのが、なんと小飼さんご本人。そこで「翻訳、がんばりましたね」と言っていただき、これは相当嬉しかったです。

そして、もう一つ嬉しかったのがこれ。閉場時間すぎた頃に帰り際に立ち寄った小学4年生くらいの男の子が『Mad Science』をチラっと見ただけで「何これ」と言って立ち止まり、パラパラとめくって「わ、おもしろい」と言うのです。「いくら?」と言いながら裏の値段を見ていたので「会場では少し安く売ってますよ」とご両親に言いました。しばらくして、その子とお母さんがやってきて「名前書いてください」と寄ってくるではありませんか。嬉しそうに広げてくれた本に「Happy Mad Science」と書いて署名したところ、母子ともに大喜びしてくれました。こちらこそ、こんなに嬉しいことはありません。なんだか、一気に疲れが吹き飛んだ瞬間でした。

楽しく、嬉しかったとはいえ、もう少し準備ができていればもっとみなさんに楽しんでいただけたのだろうと反省。Make: Tokyoではもう機会はないだろうけど、今後なにごとにも、Be Prepared!

Img_0882 Img_0883
会場で見かけた「Friskケース入MP3プレーヤー」(左)と、「フロッピードライブを画素にした表示」

Img_0884 Img_0885

大岡山駅上のビル壁一面に生えている途中の(たぶん)つた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.15

新刊紹介『デザイニング・ウェブインターフェース』

デザイニング・ウェブインターフェースリッチなウェブアプリケーションを実現する原則とパターン』  

  [cover photo]  * Bill Scott、Theresa Neil 著、浅野 紀予 監訳、高橋 信夫 訳
    (2009年12月26日 発売予定)
    * 332ページ
    * 定価3,990円
    * ISBN978-4-87311-434-7
    * 原書: Designing Web Interfaces, First Edition


最新の訳書です。監訳の浅野さんが、用語に表現にと、全面的にカバーしてくださったおかげで、すばらしい本になったと思います。もちろん原書がすばらしい。

出版社サイトの解説です。

本書『デザイニング・ウェブインターフェース』はウェブのインタラクションをよりリッチにするためのパターン、ベストプラクティスをまとめた書籍です。ド ラッグアンドドロップ、オーバーレイ、展開/折りたたみ、アニメーション、ライブプレビューなど、75以上の重要なパターンが「直接的なインターフェース を作ろう」から「すばやく反応しよう」まで、6つの原則のもとに整理され、操作の概要、利用すべき状況、そしてアンチパターンまで、丁寧に解説されていま す。すべての解説例が、Yahoo!、Google(Gmail、Google Maps)、Flickrなど実際のサイトを例にしていることも大きな特徴です。エンジニア、デザイナー、マーケティング担当者などウェブに関わるすべて の人が共通の基盤を築くために欠かせない一冊となることでしょう。本文オールカラー。

もくじはこちら

実例が多く、画面イメージもたくさんあるので、とてもわかりやすいと思います。分類は理屈っぽいのですが、間違いなく「実用的」な本です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.07

山岡洋一『英単語のあぶない常識』 《IN FACTは「実際に」か》

英単語のあぶない常識
―翻訳名人は訳語をこう決める
(ちくま新書) (新書)
山岡 洋一 (著)

3年前に買って読んだ本なのだけれども、著者の山岡さんがウェブで発行している『翻訳通信』のサイトを見ていて、思い出して手に取った。すると、当時読んだとき、内容が全く頭に入っていなかったことがわかった。

見出しを見ているだけで「ドキッ」とする。

AS WELL ASは「~と同様に」か
BYは「~までに」か
CLAIMは「クレーム」か
「コンテンツ」はCONTENTSか
DEBTは「借金」か
DEFINEは「定義する」か
DO NOT HELPは「助けない」か
EVENTは「イベント」か
EXPECTは「期待する」か
EXPERIENCEは「経験」か
「グローバル・スタンダードはGLOBAL STANDARDか
HEは「彼か」
HEADは「頭」か
HISTORICALは「歴史的」か
IMPROVEは「改善する」か
INCLUDEは「含む」か
INDEEDは「実際」か
IN FACTは「実際に」か
「IT」はITか
NAIVEは「ナイーブ」か
OFTENは「しばしば」か
PERIODICALLYは「定期的に」か
RATHER THANは「~よりむしろ」か
REALLYは「本当に」か
REGULARLYは「定期的に」か
SEVERALは「数個」か
SHAREは「分かち合う」か
SIMPLYは「単純に」か
STEADILYは「着実に」か
THE LAST YEARは「前年」か
THE NEXT YEARは「翌年」か
TRADITIONALは「伝統的に」か
YOUは「あなた」か

抜粋しようかと思ったのだが、「座右の銘」にするために書き写すことにしたので、全部載せてみた。

中には「そのくらいは知ってます」というのも、ないわけではないが、知っているかと思っていても「そこまでは知らなかった」というが多い。

traditional mediaを「伝統的メディア」と訳すのは抵抗を感じるものの、ついついやってしまう。この本によると、66の用例を分類した結果、こうなったそうだ。

違和感のない訳語 用例数 比率
「伝統的」 7 10%
「従来の」 25 37%
その他 34 53%

「伝統的」でも「従来の」でもなく、「以前の」「一般的」「通常の」「常識的」「標準的」に近い意味をもったものがかなり多い

とのこと。

言われてみればその通りなんだけど、ついつい「traditional=伝統」に引っぱられてしまうのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.13

本『マンガ物理に強くなる』が面白い!

ブルーバックスの『マンガ物理に強くなる』が面白い!
関口 知彦 (原作) (著), 鈴木 みそ (イラスト)

高校野球部の生徒が同じ学年でイギリス帰りの才女?に力学を
習っていく、というストーリーの「マンガ」なのですが、
面白くてためになりました。

ガリレオが斜面を使って落下の実験をした、なんていう話が
詳しく書かれていたので「へぇー」と思って読んでいったら、
参考文献の最初に板倉聖宣著『ぼくらはガリレオ』が載っていました。あの本はいい。

「試験対策には公式を丸暗記する方がいいじゃない」と主張する
別の女子生徒に対して

「一生覚えていたくないの?」

という場面が感動的です。

マンガといえ、あっという間に集中して読んでしまいました。
運動方程式だけに数十分でも集中できる、というのがマンガの
威力。「いかに集中できる時間を長くするか」という意味で
(絵を描く方法の)キミ子方式を思いだしました。

おすすめです。
(物理が苦手や嫌いな人にとって面白いかどうかはわかりませんが)

詳しい書評はこちら
眼鏡っ娘で物理に強くなる(NATROMさん)
『マンガ 物理に強くなる』(自由落下)(271828さん)

| | Comments (0)

2008.12.02

『Subject to Change』増刷決定、レビューご紹介

10月に出た訳書(『Subject to Change』)の増刷が決まりました。とにかくめでたいこと、というか新米訳者としては信じられない嬉しさです。原著者ではないものの、文字どおり「自分のことのように嬉しい」。

知りあい以外で誰かが買ったのを見たことがあるわけではないので、実態は全くつかめないのですが、紀伊国屋新宿南店には、小さなパネルも置いてあってそれなりに目立つようにはしてもらっています。

Amazonのレビューがずっと付かなかったのが気になっていたのですが、今は1件ついています。発売直後からウェブを検索しても書評記事が友人のもの以外みつからなかったのですが、きのうみたら5~6件ありました。(下にリンクがあります)ありがたいことです。「訳者です」とコメントを付けたら、メールをくださった方もいます。

増刷の機会に誤りの修正ができるのですが、自分では見つけられなかったところ、レビューを書いてくれた方(TechCrunch同僚のsatomiさん)が教えてくれました。

Amazonレビュー 「真っ赤になるぐらい赤ペンで書き込みをして、使いこなしてみたい1冊

滑川さん Social Web Rambling 高橋信夫訳 Subject to Change(オライリー・ジャパン)、出だし好調

satomiさん Long Tail Wolrd「nobさんの訳本到着!: Subject to Change

タロタローグ ブログ| SUBJECT TO CHANGEの見た目と名前に騙されるな!

Turtle日記 Annex「Subject To Change -予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

User Design blog『Subject To Change ~予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る~

Information Design?! MBAの教科書みたいな「Subject To Change」

| | Comments (0)

2008.11.28

『日本語が亡びるとき――英語の世紀の中で』(筑摩書房)

『日本語が亡びるとき――英語の世紀の中で』 水村美苗

話題の書を出遅れて読むのはついついためらってしまうのだけど、今回は勇気を出して読んでみました(実は大して出遅れていなかった)。

非常によかった。

友人のブログに、「日本語を書く人、そして日本語を教育する人すべてに読んで欲しい内容だと思いました。」と書いてあるのをみて、内容の紹介はあえて読まずに買いました。Amazonから「出荷が遅れる」旨のメールが来たくらいだから、人気があるのでしょう(結局すぐ来たのですが)。

内容は、よく理解できたし人にも伝えたい気持ちでいっぱいなのですが、要約するのはぼくには荷が重いので、上記のブログや、梅田望夫さんの日記、などを見てください。

インターネットによって「英語」が世界の「普遍語」として決定的なものになった、ことを受けて、日本人が世界に互していくためには、「英語で議論できる人」が必要だというのですが、そこで、

「中途半端な国民総バイリンガル化を求めるより、少数精鋭の二重言語者を育て、翻訳出版の伝統を維持する。作文を書かせるより、古典をたっぷり読ませる 教育を積む。」

という「エリート育成」を推奨しているところがいいですね。

正直なところ、「誰が読んでも面白い」かどうかはわかりませんが、ぼくは英語を日本語にする仕事をしていて、この仕事をするようになってから、以前にもまして「日本語を勉強するようになった」ので、特に面白かったのでしょう。

ネットを見ると、やや暴走気味かと思うような紹介記事があるけど、そう書きたくなる気持ちはよくわかります。

 

| | Comments (0)

2008.11.17

『The Drunkard's Walk: How Randomness Rules Our Lives』

買ってばかりで全然読書がすすまない。
が、この本は読み終わらねばならない。

『The Drunkard's Walk: How Randomness Rules Our Lives』
Leonard Mlodinow著

ぼくの大好きな「世の中ランダム論」。
Skeptic MagazineのMichael Shermerのおすすめ。

amazonのフレームの横に文字を書くのって、テーブル使わなきゃいけないの?不格好ですみません。

sioさんに教わったとおりにしたらできました。ありがとうございました。

(でも、不格好は解消されていない)

| | Comments (1)

2008.10.28

『Subject to Change』発売

先日ご案内したぼくの初の訳書『Subject to Change』が、店頭に並びはじめました。Amazonでも「在庫あり」になっています。

『Subject to Change』
 予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る
* Peter Merholz, Brandon Schauer, David Verba, Todd Wilkens 著
* 高橋 信夫 訳
* 2008年10月25日 発売
* 180ページ
* 定価1,890円
* ISBN978-4-87311-385-2
発行:オライリー・ジャパン

「オライリー棚」のある書店であれば、まず間違いなくそこにあります。
そうでない場合は、「ソフトウェアエンジニアリング」とか「技術経営」とかいろいろ。

 

Img_0001

左側が原書、右側が訳書です。表紙をみても「Subject to Change」というのがタイトルなのかどうかわかりにくいかもしれません。

新宿のジュンク堂では破格の扱いで、オライリー棚、ソフトウェアエンジニアリング棚の両方に、面出し(表紙が見えるように立ててある)4列づつ置かれていました。

ぼくが見ている間に誰か買わないかな、と思って見ていましたが残念ながら売れませんでした。

しかし、ジュンク堂に行くと、あらためて「こんなに本ってあるんだ」とため息がでます。この中で売っていくのは容易なことではない。

早速書評を書いていただきました。

■「あなたも私も最高の“体験”をデザインできる」(日経BP ITPro Infractructure 2.0)

 経営とITサイト編集長の谷島宣之さんの署名記事で、3ページにわたって書いていただいています。

| | Comments (0)

2008.10.16

近刊『Subject to Change』

Stc

ぼくが初めてひとりで訳した本が出ます。(10/25発売予定)
題名は「Subject to Change」。原題のままです。
--------------
『Subject to Change』
 予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る
    * Peter Merholz, Brandon Schauer, David Verba, Todd Wilkens 著
    * 高橋 信夫 訳
    * 2008年10月25日 発売予定
    * 180ページ
    * 定価1,890円
    * ISBN978-4-87311-385-2
オライリー・ジャパン

【出版社による解説】
本書『Subject to Change』は、情報アーキテクチャ、ユーザー体験で高い評価を得ているAdaptive Path社の主要メンバーが、変化の激しい市場環境で優れた製品・サービスを生み出す方法を書き下ろした書籍です。デザインの重要性を高める、顧客への真 摯な共感を育む、単体の製品ではなくシステムとしてデザインする、アジャイルなアプローチを取り入れるなど、より優れた体験をユーザに提供するためのシン プルで強力な考え方を提供します。
紹介ページ
--------------
まだアマゾンには載っていません。

書名はいろいろアイディアがあったのですが、結局「原題のまま」となりました。題名が英語というのも大胆だなと思ったのですが、オライリーなのでPerlだのActionScriptだの本屋の人が読むのも大変そうな本がいろいろあるのですね。

先の読めない時代に、いかにすばらしい製品やサービスを作るか、ということを書いた技術書+ビジネス書という感じの本です。

よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧