2007.06.15

東京新聞第1面に「ニセ科学」批判

今日(6/15) 付の東京新聞「筆洗」欄、

関東もやっと梅雨入り、という出だしなのだが、後半が興味深い。

《水道の水が飲めるだけでも幸せというべきだが、水道の水はまずいといって…》という「ナントカ天然水」の話に続き…、

▼「まん延するニセ科学にダマされるな」という検証本「水はなんにも知らないよ」(ディスカヴァー携書)を出したのは左巻(さまき)建男同志社女子大教授だ。同書によれば、「還元水」などの水ビジネスで「クラスター(分子の集団)が小さい」などと効能をうたうのは、科学的には否定されている。
▼教授は、水に「ありがとう」と言うと美しい結晶ができるといった与太話が道徳教材になる風潮を憂う。

『水からの伝言』のことを知らない人には、よくわからないかもしれないが、短かい中に「クラスター」「水にありがとう」をしっかり批判しているのは大したもの。

ここまで書いてからウェブを見たら、全文掲載されていた。
以下で読めます。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2007061502024295.html

June 15, 2007 at 01:15 PM in スケプティクス | | Comments (0)

2007.05.28

金運昇華財布

ご注意:この記事は、個人の感想であり、商品の効能を保証するものではありません。
また、筆者はこの商品の内容にも販売にも一切かかわっておりません。

今朝(2007/5/28)の新聞の折り込みチラシにすばらしい広告が入っていました。新聞全面4ページ相当豪華カラー印刷上質紙で、表紙はこれです。

Vfmi0365

とにかく、この財布を持っていると、
・いくらお金を使っても減らない、または増える
・ホームレスから、あっという間にIT企業の重役になれる
・突然遺産が数億円転がりこむ
のどの特典があるそうです。

限定500点 19,800円

広告はかなりの部数出回っていると思われますので、急がないと売り切れてしまいます。

ちゃんと科学的な裏付けも書かれています。

Kinunkagaku


スイスのヘフォン博士(誰だ)によると、このサイフに入れておいたお札にγ放射接の一種を照射すると、驚いたことに
「オーラ状のポジティブエネルギー」
を放出していることが確認されたそうです。
(そりゃ驚く)

Kinuntv


香港のテレビ局が1年かけて追跡実験した結果にも注目です。

この「金運昇華財布」をGoogleで検索してみたところ、一件もヒットしませんでした。
おそらく、まだ誰も気が付いていないと思われるので、人より早く買うなら今です。

May 28, 2007 at 01:22 PM in スケプティクス | | Comments (2)

2006.09.15

血液型の「ちょっといい話」

もはや「旧聞」のようなのですが、記録として。

《1日平均1万人から2万人が訪れたサイト「究極の血液型心理検査」が、じつは「血液型で性格は変わらない」ことを統計学的に検証すると同時に、人々に実感してもらうためのトリックだった》

というお話。

徳間書店のニュースリリースがここ

件のサイトはここ


《97日間のサイトの訪問者数はのべ4,835,812人、うち心理検査後に「当たっている」と回答された方は4,326,342人です。》

という人数がすごいですね。「人数を証明しろ」って言われたら困るだろうけど、ログを出したりするのかな。

あちこちでブログネタになっていますが、
阪大の菊池誠さんのkikulog

とか
「水商売ウォッチング」の天羽優子さんの「事象の地平線」

とかがたのしい。

そうそう、ちなみにぼくは血液型の話題はきらいですが目くじらはたてません。もう手遅れだから。話の流れによっては聞かれれば血液型を答えることもあります。
「水にありがとう」はしつこく追求します。

September 15, 2006 at 02:00 PM in スケプティクス | | Comments (0)

2005.11.07

今度は「超電水」だ。 クリーン シュ!シュ!」

「超純水」に続いてまたまた東急ハンズに「すごい水」登場。

その名は…

電解アルカリクリーナー 超電水クリーン シュ!シュ!

スプレーボトルに入って売られている「洗浄液」。いろんなものにシュシュと吹きかけて汚れを落として見せている。

さてその中身は?「超電水」って?

カタログから、まずはこれ。

『クリーン シュ!シュ!』は電解アルカリ水100%で出来ていますので、界面活性剤溶剤等を一切含んでいません。泡が出ないので二度拭き不要。

『クリーン シュ!シュ!』はpH12.5化学物質が一切入っていないのにたったの30秒から1分で除菌ができます。

『クリーン シュ!シュ!』は、水100%でできているのに、油汚れを鹸化しタンパク質を分解します。

強アルカリ性と言いましても、苛性ソーダなどの危険物質ではなくマイナスイオンを多く持っているだけですので、やけどや皮膚への刺激はありません
販売代理店サイトより)

電解アルカリ水
pH12.5
化学物質が一切入っていない
水100%

これ、同じもの??

が、驚くのはまだ早い、カタログにはさらにこんなことが…

本商品を化学式に直すと濃度の非常に薄い水酸化ナトリウムになり…

おいおい、化学式に直そうが直すまいが水酸化ナトリウムは水酸化ナトリウムであり、自らが「危険物質」と言っている「苛性ソーダ」のことでもあります。

どういう水から水酸化ナトリウムが出てくるんじゃぁ

ハンズでの実演では、いろいろきれいにして見せていたから、たぶん洗浄力はあるのでしょう。「薄めた水酸化ナトリウム」なら、殺菌力もあるでしょう。それを堂々と言えばいいのに「水100%」はいけませんぜ。販売員もそう言っていました。「ホントに水100%」なんですか? と聞こうかと思ったけど、きのうは気乗りがしなかったのでやめました。 プチトマトにシュシュと吹きかけると、黄緑色の汁が出てきました。農薬などだというけど、トマトの果皮が溶け出したんじゃないの? 「安全です」と言って自分の口の中にシュシュしていたのは立派です。ママレモンだって、あのくらいなら平気だろうけど。「一番の違いは味です」といって、食べ始めたのでぼくは立ち去りました。

そろそろハンズの店長に言わないといかんな。

製造元 株式会社ケミコート
http://www.denkai.com/index2.htm

November 7, 2005 at 11:36 PM in スケプティクス, 科学 | | Comments (5) | TrackBack (3)

2005.07.20

一度試さなければいけない

ファイテンという会社がRAKUWA(ラクワ)などの、いわゆる「チタンを使った健康グッズ」を出しています。TVでは「物干ざをを持ち上げる」CM(この頃みないな)で有名。

この「効果を示すデモンストレーション」というのがあります。

中身の入った2リットルのペットボトルを紙袋に入れる。
椅子にこしかてたままで、その紙袋を人差し指1本で持ち上げる。

感想:「重い」

次に、ファイテン製品を首に巻いてから同じことをする

感想:「軽くなった」

かくしてこれが「ファイテンの効果」となって、みなさんが買っていくそうです。

同じものが「軽くなる」という場合、とりあえず次の3つの可能性があります。

1.実際にモノが軽くなった
2.持つ人が力持ちになった(例:ファイテンの効果によって)
3.軽くなったような気がした

「1」は測ればすぐわかるし、さすがにこれを主張する人は少ないでしょう。
「2」か「3」かを決めるのはとっても難しい。
〈ファイテンを外してからもう一度持ってみる〉という方法もあるけど、どうなんでしょう。

やってみる価値のある実験としては、まだこれをやったことのない人に、
・まず、ふつうに持ってもらう
・次に「特製リング(自作)」をつけて、持ってもらう

これで軽くなれば「特製リング」の効果はすごいのか。
何も変えずに、単に「もう一度やってみてください」もやってみるべきでしょう。
ペットボトルの中身を減らして本当に軽くしたふりして実はそのままにして持たせるのもいいかもしれません。

要は「3.軽くなった気がした」に違いないと思っているわけですが、かりに「何もしなくても軽くなった」としても、それは決して「RAKUWAには効果がない」という証明にはなりません。麻原が「空中浮遊」した時に、江頭2:50などが「こうすればオレたちだって浮遊できる」ということを示したけれども、オウム側は「それは、麻原の空中浮遊を否定したことにはならない」と言ったそうです。「他にも同じことをする方法かあるとしても、超能力でないとは言えない」ということ。(ファイテンか超能力だという意味ではありません)

先走ってしまいました。
まだ私は、ペットボトルを持ち上げる実験をしていないのです。これ以上何か言うのは、やってからにします。

【参考にしたページ】
http://www.alook21.co.jp/html/phiten1.htm
http://blog.so-net.ne.jp/nabechin/2005-06-15

July 20, 2005 at 12:52 PM in スケプティクス, 日記・コラム・つぶやき, 科学 | | Comments (3) | TrackBack (3)

2004.10.21

2004-10-19 菊池聡さん(サイエンス・サイトーク)

サイエンス・サイトーク収録、今日のゲストは信州大学の菊池聡さん。心理学者にして、「血液型人間学」を斬る。Japan Skepticsの運営委員でもあります。
「なぜ、占いを信じる人がいるのか」という問いに対して、

「『なぜ、信じない人もいるのか』を考えるべき。人間は信じるようにできているのだから」という。

【信じてしまう4つの理由】
1.情報信念・・・TVでやっていたり、みんなが言っていたりするから
2.実用的価値がある・・・自分で決められないことを決めてもらう。認知の節約
3.基本的な動機づけ・・・「未知のことを知りたい」「(ないところにも)因果性を見出したい」
4.主観的な「的中感」

「認知の節約」「考える労力を減らす」という話は、竹内靖雄さんが言うところの「思考のエコノミー」と同じで、非常によくわかる。 こうした「実用性」は無視できないものであり、「科学的でない」というだけの理由で切り捨てるべきではない、という考え方も出てきているそうだが、菊池さんは賛成できないそうで、ホッとした。「便利ならいい」ってもんじゃないよね。

終了後、自己紹介して名刺交換。いつもの透明名刺を渡したら、なんと、透明名刺が返ってきてビックリ。
ABOファン氏とのバトルについて伺ったところ、今はおさまっているそうで、帯広蓄産大学の渡邊芳之さんの対応で決着しているんじゃないか、ということでした。

October 21, 2004 at 12:28 AM in スケプティクス | | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.09.04

風水、勘弁してよ山本さん

アテネオリンピックのアーチェリー銀メダル「中年の星」山本博選手が、フジテレビの「いつでも笑みを」に出演中。この人ホントに面白くて、司会の渡辺徹もビックリ。 
奥さんの話になったら、「風水にこっていて」と来てガックリ。こういうものに頼るのは〈それ以外に努力するところが残っていない〉という「一流の証明」という見方もあるんだけど、困るんだよなぁ。
その山本さんの自慢のオヤジギャグは

「スポーツマンヒップにモッコリ」
ということで、一同爆笑。 同席のヤワラちゃんも笑っていたけど、野口みずきさんは笑わなかったなぁ。まさか、わからなかったんじゃないだろうが。

というわけで、奥さんのスケプティックネタで書き始めたんだけど、本人の面白さに負けて迫力なくなってしまった。
「一流選手の神頼み」については、また別の機会にしよう。

September 4, 2004 at 09:34 AM in スケプティクス | | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.27

2004-05-27 占い・ナンバーズ

「占い」に関して「科学的根拠」がどうのこうのという話をするのは野暮というものだろう。「信じている」という人自身、本気で信じているかどうかは問題じゃなくて、「楽しんでいる」のだから。

じゃあ「ナンバーズ」に必勝法があると思っている人たちはどうなんだろう。

必勝法に従って買ったからといって当たらなくなるわけではないから、これも罪のない話かぁ。

でも、何万円もする「番号予想マシン」もあるらしいから、そうなってくると詐欺まがいになってくるし、元をとろうと大金を注ぎ込む人はちょっと問題。

なんだか話の順番が逆になっちゃったかもしれないけど、ナンバーズの当選番号が全くランダムに決まるものであって、「ランダム以上の予想法はない」ということは、今ここを読んでいる人のうちどのくらいの人が知っているのだろうか。別に難しい話ではなくて、毎回、回転板に矢を射って番号を決めているのだから、「インチキでない限り」ランダムになるのは当たり前なんだけど、どうもそうは納得してくれない人も多いらしい。

そのあたりの話がないか検索しても、出てくるのは「ナンバーズ大予想・高額当選続出!!」みたいなページばかり。「ナンバーズ 予想 デタラメ」などとキーワードを追加していったところ、いいのが見つかった。

「統計学的ナンバーズ4研究会」

この人たちの偉いところは、例えば「出目に偏りは無い」と言う話をする時でも、単に理屈を述べるのでなく、実際に抽せん会場まで出かけていって、やり方をしっかり見てきていること。「前回円盤の止まった位置が次回に影響…」などという、反論者の淡い期待も「リハーサルの時に回しちゃう」のを見ているのでバッサリ切り捨てることができる。

そして、面白いのは、ここは「インチキ予想批判」をしているわけではなくて、「必勝法」を伝授することを目的としていること。上で「当選番号を予想する方法はない」と書いたけど「必勝法がない」とは言わなかった。「必勝」というのが、文字通り「必ず当たる」という意味であれば、そんなものはもちろんないが、「ただのランダムよりマシ」な方法は存在するのである。

ただし、それは、間違っても「当選番号を当てる」ものではない点に注意。ある番号が当たる確率は誰がどうあがいても、「1/1万」であって不変。にもかかわらず「必勝法(有利な方法)」が存在するのは、「当たった時の金額が大きくなりやすい」買い方があるからである。

このサイトの全ページのトップにはこう書いてある:

鉄則:他人の買わない数字を買え!!ナンバーズにおける唯一の必勝法は「他人の買わない数字を買うこと」である。これ以外の必勝法は無い。例え今回の当選数字が7777であっても、次回に7777が出る確率は常に1/10,000である。これが理解できない者、あるいは理解しようとしない者は当HPと無縁である。

ぼくが書いても説得されないだろうけど、上記のページを見て納得しない人はいるのかなぁ。

「それでも、あの人の予想は当たる」と言う人がいるとすれば、おそらく「当選実績」を見ているのでしょう。「これだけ当たっているのだから、これは偶然ではない」というやつ。 この話は、いよいよ長くなるのでまたいずれ。(どこかにいいサイトないかな?)

May 27, 2004 at 04:12 PM in スケプティクス | | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.05.22

2004-05-19 Dr. Eugenie Scott

スケプティクス用のココログも作ったのだけど、結局なんでもここに書いているなぁ。

Japan SkepticsのNewsletterに初めて投稿する記事に、アメリカにおける「創造論と進化論」に関する話を書いた。元のネタはSkeptic magazineに載っていたNational Center for Science Education(NSCE)のDr. Eugenie Scottが書いた論文。その内容について、ちょっとわからないところがあったので、Scottさんにメールしてみたところ、1日で返事が来た、それも丁寧な内容。一般的に知られているような有名人ではないけれども、NCSEのサイトによると「推奨講演料 $1000」とのこと(講師によっては$250から)。

例によって、有名人(とぼくが思っている人)と接触できるとちょっとうれしい。

May 22, 2004 at 01:59 PM in スケプティクス | | Comments (0) | TrackBack (5)

2004.04.10

2004-04-10 仮説社デー

珍らしく順子と仮説社へ。丁度良く海猫屋さんが「百仮店」をやっている。さらには板倉さんもいらしたので、順子を紹介。ライトスコープ×12にミクログラフィア図版などガンガンと買いまくる。圧倒されたわけではないが、ぼくは何も買わず。

Skeptic MagazineとBaloney Detection Kitを板倉さんに見せる。「こういうのを先生に渡しても、なかなかやってくれないんだよね」ということだが、まずは道具だけは用意したいもの。

駅前のキリンシティーで昼を食べて、芳林堂に寄ったら探していた本がズバリ見つかる。

■カルト資本主義 斎藤貴男(文春文庫)
 絶版でもないのに、紀伊国屋で品切れだったのだが、しっかりと見つけた。EMの批判が見当てだったが、いろいろ読み手がありそう。 この斎藤貴男という人、どこかで聞いたことあるなぁと思っていたら「源泉徴収と年末調整」を書いた人。税金のことはシロウトだそうだけど、本業ともどもなかなか。

さて、そこにKさんから電話があり、仮説社を再度訪問。Sさんの原子論ソフトの構想を板倉さんと。
良いものができそう。

April 10, 2004 at 09:54 PM in スケプティクス, 日記・コラム・つぶやき | | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.04.06

2004-04-06 ココログ

日記からココログに移ってから、なんとなくハードルが高くなってしまったのが残念。
「世界に公開されている」という意味では、前からそうだったし、それを気にしているつもりもないのだけど、ココログの露出度のスゴサはやっぱりスゴイ。と思ったのは、知人が保育園の入園式で会った人に「ホームページの方ですね」と言われたという話。たしかに、その保育園の名前で検索すると5番目くらいに出てくるからねぇ。

というわけで、なかなか書けないクセに、今度はココログをまた分割しようなどと考えている。
「スケプティック」関係の話題は、別にした方がいいかなと思って、すでに別ココログ(まだカラッポ)を作ってあるのだけど、そんなにちゃんと切り分けられるかなぁ。まぁ、途中で移してもいいけどね。たとえば、「きのう届いたSkeptic Magazineにハマっていて・・・」なんていう話は、日記ネタだろうけど、その先の「Baloney DetectionKitを訳そう」なんてのは、Skepticログだろう。 近日公開。

April 6, 2004 at 11:04 AM in スケプティクス, 日記・コラム・つぶやき | | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.26

安野光雅さんも超能力嫌い?

板倉さんが『原子論の歴史』のあとがきで、〈安野さんが装丁をしてくれたこと〉に触れていて、それによると安野さんも超能力嫌いだとか。うれしいなぁ。 ぼくが安野さんを知ったのは、

1978年頃の「わが友石頭計算機」という絵本。野崎昭弘さんとの共著で、野崎さんは、ウチではよく知っている人だったので、なんとなく安野さんも知りあいのような気がしてた。その後『ふしぎな絵』、『あいうえおの木』など、面白い絵本がたくさん。

板倉さんの本でいうと、『変わりだねの科学者たち』の装丁が安野さんで、たまたま数日前にこの本を開いたら、「念願かなって安野光雅さんに装丁をしてもらった」旨のことが書いてあったので、「へぇー」と思ったところ、さらに「超能力嫌い」とのことなので、ますます嬉しくなった次第。

(「ココログ・プロ」の「本文の続き」機能を使ってみました)

March 26, 2004 at 10:43 AM in スケプティクス | | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.03.23

Skeptics Society

Skeptics Society--Mission

Japan Skepticsの「本家」ともいえるのが The Skeptic Society.ここで発行している Skeptic Magazineをひと月前に購読申し込みしていたものが、きのうになって届いた。「最新号を送ってくれ」としておいたのだけど、2003/10が最新だったらしい。 表紙の装丁や絵の感じが Duelistにそっくり。

内容は当然のように「ニセ科学批判」でいっぱい。読むのはちょっと大変だけど、価値あり。
後ろの方には「Junior Skeptic」というコーナーがあって、子ども向けに書かれていて、これは
読みやすい。 キリスト教の国でこんなに一生懸命戦っている人たちがいるんだなぁ。

Oregon Vortexという「ミステリースポット」の話が面白いのだが、ホームページに行くと、
たしかに、「これは信じる人多いだろうな」と分かるほど。

March 23, 2004 at 06:42 PM in スケプティクス | | Comments (3) | TrackBack (2)

2004.03.21

スケプティックメモ

ハンズでトルマリングッズの説明をきいた。マイナスイオン、遠赤外線、トルマリンという、スケプティック三点セットがそろって入っているいるのがすごい。遠赤外線効果で体がしんまで暖かくなるそうです。「温度の低い方から高い方へ熱が流れるのですか?」と聞こうと思ったがやめた。040321_1314.jpg
【東急ハンズ新宿店3階から投稿】

March 21, 2004 at 01:22 PM in スケプティクス | | Comments (2) | TrackBack (0)